オリンピックから羽生結弦フィーバーは続いていた

宮城県仙台市でフィギュアスケートの羽生結弦選手の祝賀パレードが開催されました。2月にあったソチオリンピック男子シングルで2連覇という偉業を成し遂げたことは今でも記憶に残っています。昨年11月に足首の怪我しオリンピック出場が危ぶまれましたが、不安を一掃する素晴らしい演技で世界中が歓喜しました。パレードを見ていて再認識したことがあります。彼は全ての人に対して親切・丁寧に受け答えし感謝の心を忘れない。実力がつき成績が良くなるとテングになる人間が多い中、常に謙虚で冷静な自分を持っている。若干23歳で素晴らしいと思いました。週刊誌などで中傷する記事があり心を痛めることもあったと聞きとても気の毒になりました。有名になれば色々書き立てられますが、練習の妨げになることだけは避けて欲しいと切に願います。日本だけでなく世界にとってもフィギュア界の宝物である彼が、練習に集中し夢である四回転アクセルを飛べる日が来ることを祈っています。お金借りる おすすめ