見るたびに成長し、ますます楽しみな存在に

卓球の張本智和選手がワールドツアーのグランドファイナルで世界一の座をつかみました。15歳6カ月での初優勝は最年少記録ということで、数々の記録を塗り替えています。張本選手が注目を浴び始めたのは数年前からですが、その頃はまだ子供というイメージがありましたが身長がどんどん伸び、体が大きくなって男性らしい体格になってきました。そのたびにどんどんプレーに力強さが増しているような気がします。
試合のテレビ放映の時、ちょうど用事があったので見ることはできなかったのですが翌日のテレビ番組で試合を見ることができました。ハイライトのみだったのですが、新しく取り入れたサーブやチキータという技が面白いように決まっていました。相手は中国の選手で世界ランクも格上の選手でしたが、セットカウント4-1で張本選手の圧勝だったそうです。東京オリンピックまであと1年半ですが、本人が目標としている金メダルというものも現実味を帯びてきたような気がします。ますます活躍が楽しみになってきました。
脱毛ラボ 岡山