地球のことや先カンブリア時代などに関して

地球などに関しまして受講をしました。頻繁に降りそそぐ微惑星の衝突の熱という原始空気の温室効き目を通じて地球のダミーは熱量になり、マグマオーシャン(マグマばかり)が登壇し、メタル(鉄・ニッケル)と石材質部(ケイ酸塩分)が分離し、根幹といったマントルができました。冥王代の終わり頃には地表の気温も下がり、最初の地殻が形成されました。また、空気まん中のスチームが凝結して土砂降りとして、液体の水をたたえた海洋が出現しました。この時点で地球は根幹・マントル・地殻及び海洋・空気という多層やり方をもつようになりました。冥王代後半ばかりには、鳥獣の体調をつくるもとに陥るアミノ酸が豊富に含まれていて、鳥獣開発のために必要な要素がととのえられていたと考えられます。太古代の岩石は、世界のメイン大陸一部の安定場所集合に産します。地球最古の岩石は、カナダ北部に露出する40億年前の変成岩だ。また、グリーンランド南部には38億年前の礫岩や玄武岩材質の枕状溶岩が産します。まったく勉強になりました。