2018年6月7日の私の出来事について(その3)

2018年6月7日の私の出来事について書きたいと思います。ロシアワールドカップが後7日間と迫っております。時が経過するのは早いものです。西野監督は、コロンビア戦における絵が描けていないと言っていましたが、不安になりますね。コロンビアに勝った場合は、「小さな奇跡としての勝利」という解釈になります。コロンビアに引き分けであった場合は、「大健闘」という解釈になります。コロンビアに負けた場合は、「悪夢の2連鎖」という解釈になります。引き分け以上を考える場合、いずれにしても苦戦しながらも勝つという流れが王道であると思われます。コロンビアも連携で得点を取るというパターンなので、コロンビアのパスコースを遮断する事が重要です。フランスとの親善試合で見せたハメス選手→ファルカオ選手で点を取るのが、コロンビアのベストパフォーマンスだと思われます。他の国の方が先に試合が行われるので、他の国の試合を見ながら大会の全体図を把握したいところです。脱毛 学生