中島みゆき「Why&No」の違いを知っていますか?

中島みゆきが2016年に出した「21世紀ベストセレクション『前途』」「中島みゆき Concert 「一会」 2015〜2016 – LIVE SELECTION 」の2枚のアルバム。このアルバムは別々のアルバムなのですが、「麦の唄」と「Why&No」が両方のアルバムに入っていることにお気づきでしょうか?「麦の唄」に関しては、NHKの朝ドラ「マッサン」の主題歌となり、紅白歌合戦で歌うほどの代表作なので妥当と言えます。しかし、気になるのは「Why & No」です。この曲は、この世の理不尽に黙っていられない気持ちを歌っている曲ですが、今までの中島みゆきとは全く異なるテイストの曲です。「もしかして世の中が正しいものかもしれないなんて/”正しい他人”なんてあるもんか」という強烈な歌詞と、中島みゆきらしくないロック調の曲調。穿った見方かもしれませんが、今までのギターの弾き語りで歌うような内容ではなく、何かにぶつけるような方向でしか表現できない時代になったということでしょう。「Why&No」、ぜひ聞いてみてください。ミュゼ ヒザ上 脱毛

入院をして集中的に病気を治したいと思っているのですが

今私は入院をしたくて仕方がありません。
これは何ヶ月も前からずっと思っていることです。
最初にそう思った理由は嫌いな父親と離れたいという精神的な苦しみが理由だったのですが、今はあまりにも痛みが継続するので病院に入院して集中的に治療を受けて完治したいという気持ちがあるからです。
前よりも私の症状は悪くなって来ているとしか思えないのに、何が原因で痛みが出ているのかを誰も教えてくれません。
ネットで検索すると腹痛で入院したという人が沢山います。
私は彼らのつぶやきを見る度に真剣に病気に向き合ってくれている医師に出会えて羨ましいと思えるのです。
私は見た目も明らかに病人だと分かっていますし、かなりガリガリな状態なのにそれでも入院をしましょうと言って貰えないのです。
いつになったら私の痛みは開放されるのでしょうか…。
痛みのお陰で外出をすることも出来なくなってしまいましたし、今年は家の二階から見ようと思えば見られる花火ですら見ることが出来ませんでした。
病気は辛いですが原因が分からないのはもっと辛いです。
なんとか今月中に原因が分かればいいなと願います。

自己破産というのは制度としてしっかりとしています

借金で首が回らなくなったときには、色々と手段があるのですがその一つとして自己破産があります。これは制度設計として一度くらいは人生のミスを国が免責してあげよう、ということになっているのです。何でも免責されるわけではありませんから、その点は注意しましょう。ですが、確かに免責されて人生をやりなおすことができるメリットがあるのは間違いないことであり、その点は確実によい行動といえます。勝手に裁判所に申込みをするのではなく、弁護士を通すことになります。弁護士費用もかかるわけですが、これは当たり前ですが免責はありませんので他の借金がなくなった後に支払っていくことになるわけです。但し、お金がないことはわかっていますから普通は分割に応じてくれます。ですから、まずは弁護士に相談をすることです。それがしっかりとできるのであれば基本的にはまったく問題ないことになりますから、よくよく認識しておきくべきといえるでしょう。