1月12日の夜の旅館のレストラン営業は175名

1月12日の夜の旅館のレストラン営業です。175名とまずまずの集客でした。さすがは金曜日です。部屋の空き室も1部屋だけでした。この日の私の担当は店頭に並んでいる料理の管理を任されました。たくさんある料理を一品残らず欠品にならないようにチェックしてキッチンになくなりそうな料理は注文をかけました。18時の開店時から一気に80名来られて料理は当然減っていきます。そこで注文をかけますが、我が厨房スタッフは揚げ物が重なると2品まとめてはできないみたいなので先読みしてなくなりそうなものを先ず注文しておいてストックしておかないと回りません。さらにフライパンを使う炒め物もかぶるとできないみたいです。よって揚げ物と炒め物1品ずつ頼むようにして前もって重なるとできないものをチェックしておかないと欠品続きなるので多少はストックをかかえてもお客さんへの料理提供がメインなので、こちらの事情は考慮してくれはずもないので、先に先に注文を行い何とか対応しました。なかなか気を使うポジションになってきました。要領をしっかり得て行きたいと思います。

やっぱり米油だから揚げ物も軽く仕上がるのでしょうか

先日、久々にトンカツ屋さんで外食してきました。
家族のリクエストだったので私に選択権はなく(汗)
揚げ物はカロリーが気になるので極力控えたかったのですが。
一番量が少なそうなヒレカツ定食を注文したんですが、小さいの5切れなのに、3つぐらい食べたらもうお腹いっぱいになっちゃいました。
しかも胃が重くなって後からしんどい状態に。
やっぱり外食の揚げ物は体に負担がかかりますね。
我が家で揚げ物をする際は、米油を使っています。
昔はサラダ油を使っていたのですが、米油のほうが抗酸化作用があるというので、数年前から使っています。
抗酸化作用のほうは効果がわかりませんが、米油を使う揚げ物はとにかく軽いです。
全然胃が重くなりません!
家で作ると衣が薄いというのもまああるかもしれませんが、一番はやっぱり油だと思うのです。
キャノーラ油も軽く仕上がるといいますが、あれは逆にちょっと水っぽいというか、サラサラすぎてイマイチ。
米油は濃厚でありながら揚げ物も軽く仕上がるので、我が家では重宝しております。