高層マンションにひっかかるかと思うくらい低い雲

先日、久しぶりに夕立らしい夕立に遭遇してしまいました。
もうあと一時間くらいで仕事が終わるというタイミングで、空にはなにやら不穏な黒い雲が拡がってきました。
急に風のにおいが変わってきたなと思った矢先、どっさりと大粒の雨が降ってきたのです。
あまりに急な変化にびっくりしてしまったのですが、雨も一時間もするとすかり止んでいました。
雲は残っているものの、雨を降らせるようなものではなく、本当にあっという間に通り過ぎた通り雨でした。
でも、おかげで仕事から帰るときには、足元を濡らさずに家に帰ることができました。
こういう天気の急激な変化があるときには、ちょっといつもと違った光景を目にすることができたりしました。
駅のホームで電車を待っていたときのことだが、雲がかなり低くて、高層マンションの上層階くらいの高さで流れていたんですよね。
こんなに低い雲なんてあるんだなと思いながら、珍しい光景をじっと見てしまいました。即日融資 土日ok