2018年6月7日の私の出来事について(その3)

2018年6月7日の私の出来事について書きたいと思います。ロシアワールドカップが後7日間と迫っております。時が経過するのは早いものです。西野監督は、コロンビア戦における絵が描けていないと言っていましたが、不安になりますね。コロンビアに勝った場合は、「小さな奇跡としての勝利」という解釈になります。コロンビアに引き分けであった場合は、「大健闘」という解釈になります。コロンビアに負けた場合は、「悪夢の2連鎖」という解釈になります。引き分け以上を考える場合、いずれにしても苦戦しながらも勝つという流れが王道であると思われます。コロンビアも連携で得点を取るというパターンなので、コロンビアのパスコースを遮断する事が重要です。フランスとの親善試合で見せたハメス選手→ファルカオ選手で点を取るのが、コロンビアのベストパフォーマンスだと思われます。他の国の方が先に試合が行われるので、他の国の試合を見ながら大会の全体図を把握したいところです。脱毛 学生

31歳☆二人目希望の妊活〜早く授かりたい

一人目を産んだ時は私もまだ24歳でしたが、あっと言う間に7年だって31歳になりました。笑
一人目を産んだ後に離婚を経験し、昨年再婚して二人目頑張ってるけどなかなか出来ないなぁとつくづく思いました。基礎体温を今年から付け始めてようやく昨日婦人科を受診しました。『クロミット』を不妊治療で飲んでる人が私の中回りには沢山いるから私も処方して貰いたくて仕事の合間にやっと病院受診出来て嬉しかった。
ドクターには『基礎体温見る感じでは排卵もしてるし問題ないけど、少し生理がズレてるくらいだね』とのことだった。『薬処方するまでもないけど、飲めば周期も整うからだしますか?』と聞かれてイエスと即答した。旦那さんも38歳だし、決して若い訳じゃないから出来る事であれば今すぐにでも二人目が欲しいくらいだ。娘も兄弟が欲しいと常日頃言っていて結婚してからなかなか出来ない事に少しずつ焦りを感じてきている…早く授かれますように…と毎日考えながら生活してます。キャッシング 安い